メニュー

MIG溶接(半自動溶接)

MIG溶接(MAG溶接)半自動溶接

MIG溶接例

金属アーク溶接ひとつの方法です。金属電極棒が溶加材として送給ローラーで自動的に母材に送り込まれ、そのまま溶融して溶接する方式です。半自動溶接として使用しています。

シールドに不活性ガスを使用する溶接をMIG溶接といいます。アルゴンやヘリウム、また様々な混合ガスを使用してアルミも溶接しています。

シールドガスに不活性ガスと炭酸ガスの混合ガス使用する溶接をMAG溶接といいます。溶け込みは浅いです。
MIG溶接は溶接速度が速いので溶接歪がでにくいです。
アルミ等のMIG溶接ではシールドガスで酸素の影響をあたえないことが重要です。
MIG溶接は片手で溶接トーチを操作し、トーチのスイッチを入れると供給ワイヤがチップから出て溶接されます。TIG溶接のように片手はトーチ、片手は溶接棒で両手を使う溶接とは違って、片手で溶接作業ができますので、溶接作業者が初心者でもそれほど難しい溶接方法ではありません。



右側の写真はアルミMIG溶接製品です。
長い製品でアルミ溶接製品は鉄溶接製品やステンレス溶接製品より反り、歪みが発生しやすのでアルミ溶接施工中は製品を拘束して作業しています。
溶接作業後はマグネシュームが黒煤になって製品に付着しますので、製品をステンレス製のワイヤーブラシ等で磨いて完成製品しております。


アルミMIG溶接例

  • MIG溶接例

    アルミMIG溶接製品です。先端の部分は150角材を溶接してあります。
    十分な溶接溶け込みが必要な製品です。
    シールドガスはアルゴンガスとへリウムガスの混合ガスで溶接してあります。
    アルミ溶接後に横中ぐり盤にて機械加工をしています。
  • ステンレスMIG溶接例

    ステンレスMIG溶接製品です。フラックス入りワイヤーを使用しています。
    溶接後のスラグはワイヤブラシで除去し、電解研摩により溶接後焼けおとしをしています。

アルミMIG半自動溶接

アルミMIG半自動溶接はシールドガスをアルゴンガスで行います。
溶け込みがアルミTIG溶接より溶け込みが良いので、中板厚から極厚板のアルミ溶接に適しています。
  • アルミMIG溶接 ステップ

    アルミMIG溶接
    アルミ製のステップです。
    溶接後の微細粒による灰黒色を除去してあります。
  • アルミMIG半自動溶接作業

    アルミMIG半自動溶接作業です。
    溶接の光がステンレスや鉄などにくらべて強烈な光がでるので遮光をしっかりとして溶接しています。
    溶融プールを誘導しながらビートを整えて溶接しています。

アルミMIG溶接 多層盛溶接


アルミMIG溶接の実演動画です。

MIG(MAG)溶接・半自動溶接については当社に是非ご相談ください

当社は鉄、ステンレス、アルミの素材をMAG・MIG溶接を行っております。
特にアルミMIG溶接は、極厚板の溶接が可能です。
アルミMIG溶接の作業は資格所得しておりますので適正な溶接が可能です。

  アルミ溶接の特集についてを作成しています。

MIG(MAG)溶接・半自動溶接のお見積ご依頼やお問い合わせフォームについて