メニュー

金属溶接とは・金属溶接方法の案内

金属溶接とは

金属溶接(アルミtig溶接)

金属溶接とは、2個以上の金属部材の接合部に熱又は圧力もしくはその両者を加え、必要に応じて溶材を加え接合部が連続性を持つ一体化された1つの金属部材とする接合方法です。
金属溶接の具体的な方法には、大きく融接、圧接、ろう接の3つがあります。
それぞれに対応する多数の溶接方法があるため溶接する母材の材質、溶接後の製品に求められる機能や用途に応じて、最適な溶接法を選択することが大切です。

右側の写真はアルミTIG溶接製品です。
真空装置部品です。角パイプの溶接部はアルミ裏波溶接をしてあります。
アルミTIG溶接は気密、水密を要求されている製品に使用する溶接方法です。
本製品は超高真空を要求されている製品です。

アルミ溶接の特集についてを作成しています。


金属溶接の種類と対応

当社では、TIG溶接(アルゴン溶接)、MIG溶接(半自動溶接)、ファイバーレーザー溶接、金属ロボット溶接、銀ろう付溶接、ハンダ付け等の金属溶接に対応しています。
溶接種類と溶接方法を適切に選択して、アルミ溶接、ステンレス溶接、ハステロ溶接、純ニッケル溶接、銅溶接、真鍮溶接、メッキ処理材溶接などの金属溶接をしております。


金属溶接の取組み

当社は、テクノロジーの進化に対応した溶接設備を導入しており、ファイバーレーザー溶接により、難易度の高い高品質微細溶接から高速シーム溶接までを実現しています。
特に、極薄板溶接において歪みのない溶接を追及しています。

溶接技能者は、溶接法の原理や特徴を理解し正しく溶接することで、高い品位と信頼性、耐久性を備えた溶接を実現しています。
ロボットの導入・運用においても、各溶接法に関する溶接技能者がもつ知識は非常に重要です。
弊社では、メーカー等の社外研修、社内技術研修において溶接技術者の研鑽を行っています。
当社の金属溶接技術は、お取引事業者に高い評価と満足を得ていますし、さらなる技術の向上と経験のない金属溶接に日々、挑戦しております。


TIG溶接(アルゴン溶接)

TIG溶接は、電気を用いたアーク溶接方法の一種でステンレスや非鉄金属のアルミ等の溶接ができます。
母材の板厚に関係なく必要な溶け込みの調整が容易です。

TIG溶接を詳しく見る

MIG溶接(半自動溶接)

金属アーク溶接のひとつの方法である半自動溶接として使用しています。
シールドに不活性ガスを使用する溶接をMIG溶接といい、シールドガスに不活性ガスと炭酸ガスの混合ガス使用する溶接をMAG溶接といいます。溶け込みは浅くなります。

MIG溶接を詳しく見る

ファイバーレーザー溶接

ファイバーレーザー溶接は、光の伝達方式に光ファイバーを使った溶接方式です。
今までの溶接技術では難題とされた金属極薄板溶接や溶接後の歪みが起きやすい構造の製品に使用されます。
アルミ、銅、ステンレス、チタン、真鍮、メッキなどの高反射材の金属溶接が可能です。

ファイバー溶接を詳しく見る

ロボット溶接

ロボット溶接は、量産品の場合に溶接技能者に変わってロボットが溶接を行ないます。
溶接技能者の溶接技術と経験を活かしてプログラムを行うため溶接技能者と変わらぬ溶接品質を実現しています。
ロボット溶接は、ロボットの同一作業の繰り返しとなるため一定の溶接品質が確保が可能となる点、及び溶接作業時間等の生産管理がしやすいという点にメリットがあります。

CAD/CAMを詳しく見る

銀ろう付溶接

銀ろう付溶接とは、接合する方法である溶着の一種で、接合する母材よりも融点の低い合金(ろう)を溶かして一種の接着剤として用いる事により、母材自体を溶融させずに複数の部材を接合する方法です。

銀ろう付溶接を詳しく見る

ハンダ付け

ハンダ付けは、鉛とスズを主成分とした合金であるはんだ(英語: solder)を熱で溶かし接合する金属溶です。

ハンダ付けを詳しく見る

新築第2工場(溶接工場)大型製品が製作できます

第2工場 溶接工場
つくば市の上大島工業団地内に第2工場を新築しました。

第2工場は、大型製缶製品・大型板金製品の溶接工場を主体とし、工場正面開口を6メートルと4メートルで天井クレーンは、2.8T2基を設備いたしました。

当社の本社工場から700メールトの距離にありますので、起動力を活かして製造しています。

鉄、ステンレス、アルミの各種素材をTIG・MIG・ファイバーレーザ溶接を融合させながら溶接業務をしております。