メニュー

金属ファイバーレーザー複合マシン加工の案内

ファイバーレーザー・パンチ複合マシンによる金属板金加工の案内

レーザーの媒体には気体と固体があります。気体のco2レーザーと固体のファイバーレーザー、YAGレーザーがあります。
co2レーザーは炭酸ガスレーザーとも呼ばれています。発振管内で二酸化炭素(CO2)、窒素(N2)、へリウム(He)のガスを配合し、分子の衝突、振動によってエネルギーを熱にかえて金属を溶かして切断します。

ファイバーレーザーは固体レーザーで、シールドレーザー方法でレーザーをつくり、ダイオードポンプを通してガラスファイバーで増幅しています。
CO2レーザー加工機では不向きな高反射の高い金属の銅、真鍮などの切断ができます。
ファイバーレーザーは金属彫刻もできます。

タレットパンチプレスの機能とファイバーレーザー加工機の双方の機能が複合したマシンで、工程統合により大幅な加工全体のリードタイムを短縮し、変種変量生産をスムーズに行うことができます。

次項目にてタレットパンチプレス(タレパン)の説明をしています。


タレットパンチプレス(タレパン)について

タレットの金型ホルダーに形状のことなる金型をセットし所定の位置で打ち抜くNC機械です。
パンチング・皿モミやバーリング等の成形・タッピング加工が可能です、特にタッピングはMPTタップユニットの搭載で7種類のM2.5~M8までのタッピング加工が対応可能です。


ファイバーレーザー・パンチ複合マシンの加工範囲について

ファイバーレーザー・パンチ複合マシンの加工部の写真
当社が設備しております
ファイバーレーザー・パンチ複合マシンの加工範囲と性能について。

機種:アマダ LC2515C1AJ 6段棚素材自動供給装置付。
加工範囲:X3050 Y1525 素材プランプ6t。
加工板厚:鉄、アルミ、ステンレス 0.1tから6tまで。
     真鍮、銅は0.1tから0.8t程度まで。
     各種素材とも0.5t以下は加工内容で可否がございますのでご相談ください。
 
各種素材で板厚6t以上については、当社はCO2レーザー加工機を設備しておりますので、ご心配なくお問い合わせください。



大畠製作所の金属ファイバーレーザー・パンチ複合マシン

大畠製作所に新設ファイバーレーザー・パンチ複合マシンの全景写真

当社に新設したファイバーレーザー・パンチ複合マシンは5x10板までのサイズが24時間可動が可能な設備です。


SUS304 0.2tの極薄板のファイバーレーザー加工事例

ステンレス0.2tに0.8φの穴加工した製品事例の写真

極薄板SUS304 0.2tのファイバレーザー加工です。
極小径穴加工で穴直径φ0.8穴間ピッチを±30ミクロンの交差で加工してあります。
半導体の部品です。製品の平坦度が要求されています。
ファイバーレーザー加工は光径が小さいので製品の熱影響が最小限抑えらます。


SS6tのファイバーレーザー加工事例

鉄板の板厚6tの小径穴加工の事例写真

SS6t板のファイバーレーザー加工です。
サンプル加工ですが、タップ下穴のφ2.5・φ3.3・φ4.2・φ5を加工しました。
ファイバーレーザー複合機はワークを取り外さなくてもタップ加工が可能です。
CO2レーザーでは板厚近辺の穴加工ができますが、ファイバーレーザーは6tでM3の下穴φ2.5の穴加工が可能です。


ステンレスのフィバーレーザー加工による文字加工事例

ステンレスフィバーレーザー加工文字加工事例写真
ステンレスファイバーレーザー加工
SUS304 1.5t
文字加工してあります。

ファイバーレーザーによるステンレス加工事例

ファイバーレーザー加工品事例写真

ファイバーレーザー・パンチ複合マシンによる加工品
ファイバーレーザーでSUS304の6tを窒素クリーンカット


ファイバーレーザーのステンレス微細加工とアルミ加工事例

ファイバーレーザー加工は極薄板加工やアルミ板加工がCO2レーザー加工より適しています。
  • 極薄板の微細ファイバーレーザー加工品

    ファイバーレーザー・パンチ複合マシンによるSUS304 0.3t 微細加工
    ファイバーレーザー加工
    基板用製品
    SUS304 0.3t
    微細加工品
  • アルミ板材のファイバーレーザー加工品

    ファイバーレーザー・パンチ複合マシンよるアルミ板加工品
    ファイバーレーザー加工
    アルミ板加工

ZAM鋼板のファイバーレーザ・パンチ複合マシン加工事例

ZAM鋼板は溶融亜鉛・アルミニウム・マグネシウム合金めっき鋼板です。耐食性、加工性に優れている処理鋼板で、製品成形後のめっきや後塗装工程が省略できることから多く使用されています。ファイバーレーザは処理鋼板のレーザカットに威力を発揮します。

ZAM鋼板はいまとても注目されている素材鋼板で、各業界の板金製品で採用されいて、すぐれた耐食性があり、工程省略からもコストダウンを実現できます。当社ではファイバーレーザ加工後に処理鋼板に最適な溶接が可能な品質の高いファイバー溶接を行っております。

  • ZAM鋼板のファイバーレーザー・パンチ複合マシン加工品

    ZAM鋼板のファイバーレーザ加工製品事例
    ZAM鋼板1.6t
    ファイバー・レーザ加工では、レーザ加工によるドロスを最小限に抑えて加工ができます。
  • ZAM鋼板のファイバーレーザー・パンチ複合マシンの成形加工品

    ZAM鋼板での皿モミ等の成形加工やタップ加工の実施事例
    ZAM鋼板1.6t
    ファイバーレーザ・パンチ複合加工ではレーザ加工と成形加工が可能です。
    成形加工の皿モミ・上下向きバーリング加工や各サイズのタップ加工ができます。

金属ファイバーレーザー複合マシンの設置場所のVR案内

※大畠製作所の第1工場内に設置されたパンチ・ファイバーレーザー複合機の設置場所のVRでご覧いただけます。

ファイバーレーザー・パンチ複合マシン加工については当社にご相談ください

当社は3kwのファイバーレーザー・パンチ複合マシンを設備しています。

(1)真鍮板の加工

(2)アルミ板の加工

(3)ステンレス板の加工

(4)鉄板及び表面処理鋼板の加工

(5)上記は一部の例ですので、他の金属材質等の加工でお困りことがあればお問い合わせ・見積依頼ファーム、お電話、FAXでお問い合わせください。

ファイバーレーザー・パンチ複合マシン加工のお見積ご依頼・お問い合わせファームについて