メニュー

板金・製缶設計・CAD/CAM

3D設計・製作

板金・製缶の3D設計

製品を製作するためのCAD/CAMだけではなく板金、製缶の設計もしています 。3次元設計を主体に行っています。

3DCADはモデルより表現が容易にできることから、工作機械や半導体装置等には安全防止や油、水、空気の進入防止などでカバーが必要です。そういった内容や美観が良いもの等のご要望をヒアリングし、3Dモデルにて表現しながら設計をいたしております。

精密板金、金属溶接、切削機械加工の一貫した製作経験がありますので、課題をいただいて、今まで積み上げた知識をご提案しながら設計、製作をしております。

3D CADで設計したモデルにより構造解析や振動解析して、計画設計の段階で設計の修正を行っています。

右側の写真は門形マシニングセンターの全体カバーです。
3DCADで設計、金属精密板金加工CAMで板金展開し、金属溶接主に油漏れなき仕様のTIG溶接をして当社で
仮組立をして、焼付塗装後最終ユーザー様にて据付組立をしました。


板金・製缶設計

お客様の要望を打ち合わせを通して3Dの設計をしモデリングを経て設計を行っております。

今まで製作にあたってきた知識を織り込みながらのご提案をしながらの設計を実現しております。
金属製缶製品は構造解析もしております。


CADとは

CADの製図画面

CADとは従来、設計者がドラフター(製図台)で平行線、垂直線、角度線等を描いて製図していたものをコンピュータを用いて設計製図をすること。
CADはシステム化されており、編集が容易であり、データ化されているので互換性があるんで生産工程でCAMでNC加工機用のNCプログラム作成までの一連のした流れがネットワーク化することができます。


CAD/CAMのシステムネットワーク化

CAD/CAMがネットワーク化しております。設計3DCADと製造用のCAD/CAMがネットワークされおりますので、設計から製造までの大幅な作業時間低減が可能です。
お客様からデータの提供をいただけときでも同様な作業をしております。


CAMとは

製品の製造を行う際にCADで作成した形状データを取り込み、製作図を入力してNC工作機械用のNCプログラムを作成します。
当社では製造に適したCAD/CAMをシステムネットワーク化されています。

  • CAM

    金属機械加工用CAM Mastercam MillX9

  • CAMの製作図

    精密板金用CAM CADMAC Evolution

1. 製造に適したCAD/CAMがシステムネットワーク化できる

当社では、板金機械、工作機械ともネットワーク化され、加工用NCプログラムが加工機側で呼び出せ各種加工を行っています。


2. 同一中間ファイル・フォマット使用したデータは入出が可能

当社では、お客様からご提供頂くデータでプログラム作成して誤作防止やアッセンブリの治具作成をしております。


CADによる機械カバー・筐体の設計や構造解析などは是非当社にご相談ください

当社はCAD/CAMの2D・3Dを保有しておりますので、できるかぎりのご相談にご対応いたします。

(1)製作したものがあるが、製作図面がでないので2次、3次元の図面化をしたい。

(2)現在製作している製品があるが、もっと最適な製作方法がないか。

(3)ほかに、製作上でお困りことがあればお問い合わせ・見積依頼ファーム、お電話、FAXでお問い合わせください。

CAD(設計・解析)のお見積ご依頼やお問い合わせフォームについて