メニュー

金属機械加工について

金属機械加工とは

金属機械加工とは、切削工具や工作機械を用いて、機械部品などの金属素材を製作図面に示された形状に加工することをいいまず。
機械加工は、その原理から大きく(1)成形、(2)除去加工、(3)付加加工、(4)結合4つに分類されます。

(1)成形
成形材料を溶融し型に流し込み所定の形を得る鋳造、大きな力で材料を変形させ所定の形を得る塑性加工、金属粉末を型で成型し高温で粉末同士を結合させ強度を得る焼結の3つがあります。

(2)除去加工
除去加工は、所定の形状を作るために不要な部分を取り去る加工で、簡単には金属の切りくずが出るものが除去加工です。
刃物で削る切削加工、砥石で削る研削加工、砥粒で削り精度の高い滑らかな表面を得るラッピング加工、電極と金属材料の間で放電させ、金属を溶かして除去する放電加工などがあります。

(3)付加加工
付加加工は、必要部分に材料を付加して所定の形状を作る加工で3Dプリンターによる積層造形があります。

(4)結合
部品材料同士を結合し機能や所定の形状を得る加工です。接合技術は、大小を問わす様々な金属部品、機械、機器製品の生産・製造のために重要な技術のひとつです。

金属溶接とは・金属溶接の案内を参照ください。


大畠製作所の金属機械加工(除去加工)について

当社では、金属溶接後の2次加工の金属機械加工(除去加工)を主として行なっています。
2次加工では、マシニングセンター加工、横中ぐり盤加工、旋盤加工、研磨加工、熱処理(焼鈍処理)や応力除去の焼鈍処理も行ないます。
また、三次元測定機による検査も行なっています。

マシニングセンター加工

工具マガジン(ATC)に多数の切削工具を格納し、自動工具交換機能により、目的に合わせた異種の金属加工を1台で自動的に行います。

マシニングセンター加工

横中ぐり盤加工

すでにあけられている穴の内面をくり広げて、所定の寸法に切削する加工に用いる工作機械です。 工作物を動かさずに加工できるので、大型のものにも容易に適用されます。溶接後の機械加工にも適しています。

横中ぐり盤加工を詳しく見る

旋盤加工

主に「外丸削り」、「中ぐり」、「穴あけ」、「ねじ切り」、「突切り」と呼ばれる各加工を行います。ohataでは金属溶接後のフランジ部等の2次加工をしています。

旋盤加工を詳しく見る

研磨加工

砥石を高速回転させ切削を行い平滑な面にする加工です。 切削加工で加工が困難な高硬度の材料も加工できます。

研摩加工を詳しく見る

金属機械加工と三次元測定機による測定について

金属機械加工後には、3次元測定機で設計仕様値について厳格な測定を実施しています。

プローブと製品を点測定、もしくは線測定をして、得られた三次元の座標値を検出、検査書として提出が可能です。 切削加工機から製品をはずすことができないものは加工機まで3次元測定機を移動して測定する移動型の測定機を設備しています。

三次元測定機を詳しく見る

金属機械加工と熱処理(焼鈍処理)について

金属などを加熱・冷却して硬度や性質を変化させ、素材の性質を変化させる処理のことです。 金属溶接後に応力除去(焼鈍処理)をして機械加工をしています。


熱処理(焼鈍処理)を詳しく見る