メニュー

ファイバーレーザー溶接の案内

ファイバーレーザー溶接とは

ファイバーレーザー溶接のレーザーは光共振器、レーザー媒質とボンピングデバイスで構成されています。レーザーには、ファイバーファイバー、固体レーザー、液体レーザー、化学レーザー、半導体レーザー、気体レーザー等の種類があります。ファイバーレーザーや固体レーザーで使われる希土類元素の場合、自然放出されるエネルギーが光の波長に相当します。
ファイバーレーザーは、光ファイバーを増幅媒体とする固体レーザーの一種です。Co2レーザーは気体レーザーです、光ファイバーの中心にあるコアに稀土類元素イッテルビウムが添加されています。イッテルビウス添付中心コアの中を1.1μmレーザー光と励起光が通り、外側の第一クラッドを励起光が通りさらにその外側に第二クラッドがあります。二重になっていることから、ダブルクラッドファイバーと呼ばれています。

ファイバーレーザーの優位性は、従来の固定レーザーに比べて多くあります。
① 構成が光ファイバーであるため、ミラー・レンズ等がないことから光軸ずれの心配がなく、メンテナンスが極端に少なくてすむこと。
② 高信頼性で高出力の半導体レーザーを励起光源としているので、ファイバーレーザも高信頼・高出力が実現できる。
③ 光ファイバー内で効率良く増幅できる。
④ 光ファイバーから出力されるので、品質の高いビームができるので、集光性に優れている。

高信頼・高出力のファイバーレーザー溶接は従来の溶接方法では不可能であった高出力のスピード溶接や融点の異なる異種金属溶接・高反射材や難加工材溶接を可能にできます。
ビームの集光性が高いので金属極薄板溶接や溶接後の歪みが起きやすい構造の製品で高品質の溶接が実現できます。

当社では、今までの溶接知識を最大限活用でききますハンディーファイバー溶接を行っています。TIG溶接製品やMIG溶接製品でもファイバーレーザー溶接が適している部分は溶接をしております。ロボット溶接では段取コストがかかる単品製品やロボットアームの干渉があって溶接困難な形状でも容易にファイバーハンディー溶接しています。

ファイバーレーザー溶接事例

当社では、ステンレスのバフ材を従来は溶接箇所以外の変色をバフ仕上げなどで製品にしておりましたが、現在はファイバーレーザー溶接後の焼おとし電解処理のみにて完成製品にしておりますので、大幅なコスト削減をして提供できることが可能になりました。
  • ファイバー溶接SUS304製トレイ

    ステンレス製トレイのファイバーレーザー溶接製品
    工作機械用クーラントトレイ
    SUS304 1.5t #400バフ材
    隅肉ファイバーレーザー溶接にて母材変色がほとんどなく溶接しております。
  • ファイバー溶接SUS304バフ材

    ステンレス製トレイの内面ファイバーレーザー溶接の製品
    ステンレス製トレイ
    SUS304 1.5t バフ仕上材を使用しております。
    金属ベンダー加工によりR曲げ加工をしました。
    R曲げ部の頂点でファイバーレーザー溶接をしています。
    溶接熱の歪が最小限に抑えられ、変色ない溶接をしております。
  • ファイバー溶接SUS304長尺溶接品

    ステンレス製の角パイプ状のファイバーレーザー溶接製品
    ステンレス角パイプ状にする製品
    SUS304 3t で角パイプの角をファイバーレーザー溶接をしました。
    反り、曲がりのない製品の仕上がり、溶け込みをしっかりとされています。
    ファイバーレーザー溶接はSUS304で3tまで溶け込みが可能です。

高反射材のファイバーレーザー溶接製品事例

真鍮ファイバーレーザー溶接製品
灯篭の模型 真鍮0.8t 
高反射材の真鍮 0.8tの板をファイバーレーザー・パンチ複合マシンにてカットをして、金属ベンダー加工で曲げ加工をしたプレスパーツ部品をファイバーレーザー溶接しています。接合部隙間が少しあり、ファイバーレーザー溶接で溶け込みを調整しながら溶接しました。

従来の真鍮溶接は、銀ロー付けやハンダ付けが支流で、酸素バナーによる溶接ですので熱変形や変色がありました。またフラックスを使用しないと接合できなかったため、溶接後の洗浄が必要でした。従来の真鍮溶接後処理をせずに製品にすることがファイバーレーザー溶接では可能です、すっきりとした溶接製品になります。


ステンレス薄板ファイバーレーザー溶接製品事例

ステンレス薄板スクリューのファイバーレーザー溶接製品
ステンレス 製スクリュー模型
SUS304 0.8tの板をパンチ・ファイバーレーザー複合マシンで加工した部品の1枚1枚をスクリュー状に手曲げをして、ファイバーレーザー・ハンディー溶接機で狭いスクリュー間をファイバーレーザー溶接した製品です。
ファイバーレーザー・ハンディー溶接作業です。溶接部の接合部接点とファイバーレーザー光の焦点が少しでもずれると溶接ができませんでした。根気強く溶接をした製品です。

当社では、このようなファイバーレーザーのトウチがはいりずらいところも傾きを思考錯誤しながらファイバーレーザー・ハンディー溶接は可能ですので複雑な形状の溶接構造でお困りなことがございましたお気軽にご相談ください。



ロングサイズのファイバーレーザー溶接製品事例

ロングサイズのファイバーレーザー溶接製品
ステンレスロング角シャワー
SUS304 2t(2B)をコの字状に曲げたものにSUS3045X30FBをファイバーレーザー溶接しています。
全長は5200mmなのですが、ファイバーレーザー溶接は熱影響が低減されているので反りが最小限に抑えられています。

各種ポジショナーによるステンレスファイバーレーザー溶接作業

当社では、ファイバーレーザー溶接機と自動回転盤・自動直線走行装置を同期することが可能ですので、溶接製品の仕上げリにばらつきがない高品質の溶接製品がご提供可能です。
  • ファイバーレーザーポジショナー(回転盤)による溶接

    自動回転盤によるファイバーレーザー溶接作業写真
    ポジショナー(回転盤)のSUS304製パイプのファイバーレーザー溶接です。
    SUS304の板厚3tまで裏波溶接が可能です。
  • ファイバーレーザー直線移動ポジショナーによる溶接

    自動直線走行装置によるファイバーレーザー溶接作業写真
    直線移動型ポジショナーのファイバーレーザー溶接です。
    SUS3040.8tのT型溶接です。
    ファイバーレーザー溶接なので熱変形が最小限に抑えられています。
    製品は反りや曲がりの少ない製品に仕上がります。

極薄板ステンレスファイバーレーザー溶接や中厚板ファイバーレーザー溶接が可能

従来のレーザー溶接やTIG溶接では困難であった板厚0.2t・0.3tや3tをファイバーレーザー溶接は可能になりました。


  • 極薄板ファイバーレーザー溶接サンプル写真

    SUS304 0.3t板突合せファイバーレーザー溶接のサンプル
  • 極薄板0.2t板の突き合わせファイバーレーザー溶接のサンプル

    極薄板ファイバーレーザー溶接
    SUS304 0.2tの突合せ溶接です。
    TIG溶接では困難な領域の溶接が可能です。
  • SUS3043tのT型ファイバーレーザー溶接のサンプル

    ファイバーレーザー溶接ではSUS304 3tまで溶接溶け込みが可能です。

アルミファイバーレーザー溶接のサンプル

アルミファイバーレーザー溶接の角継手溶接
A5052 1tの溶接で、接合部の溶接が集光性に優れているので熱変形がない溶接が可能です。
  • アルミ角継手ファイバーレーザー溶接のサンプル

    アルミフィバーレーザー溶接です。
    A5052 1tの角部溶接です。
    溶接ビートが細い溶接が可能です。
  • アルミファイバーレーザー溶接のT型継手溶接サンプル

    アルミファイバーレーザー溶接です。
    A5052 1tのT型継手溶接で溶接の歪がなく微細溶接が可能です。

高反射材・異種金属ファイバーレーザー溶接の事例

ファイバーレーザー溶接は高反射材の真鍮や融点の異なる異種金属溶接が可能です
  • 真鍮突合せファイバーレーザー溶接のサンプル

    真鍮0.8tの突合せファイバーレーザー溶接
    ファイバーレーザーは高反射材の溶接が可能です。
  • 異種金属ファイバーレーザー溶接のサンプル

    異種金属ファイバーレーザー溶接です。
    融点の異なるSUS3040.8tと真鍮0.8tの突合せファイバーレーザー溶接です。
  • 異種金属ファイバーレーザー溶接のサンプル

    異種ファイバーレーザー溶接です。
    SS0.8tと真鍮0.8tの突合せ溶接

自動回転テーブルによるファイバーレーザー溶接の実演



ファイバーレーザー溶接の実演動画です。
ステンレスパイプを自動回転盤にクランプしファイバーレーザー溶接機と自動回転盤は同期化した状態での溶接が可能

自動直線走行によるファイバーレーザー溶接の実演



ファイバーレーザー溶接の実演動画です。
SUS304 0.6tのT型(隅肉)溶接。
自動直線走行装置とファイバーレーザー溶接機は同期化しているので溶接歪が最小限に抑えられいます。

ロングサイズのファイバーレーザー溶接の実演



ロングサイズ・ファイバーレーザー溶接の実演動画です。
SUS304の製品で全長が5.2メートルあります。
ステンレスTIG溶接でも溶接は可能ですが、溶接後の曲がりがTIG溶接よりも数段少なく抑えれます。

ファイバーによるZAM鋼板の溶接品事例

ファイバー溶接は処理鋼板の溶接において最適な溶接が可能です。

  • ZAM鋼板1.6tの溶接サンプル

    ファイバー溶接は処理鋼板の溶接に威力を発揮します。写真の溶接サンプルはZAM鋼板のファイバー溶接です。tig溶接では電極のトリタンの先端が丸み帯びてしまい処理鋼板の溶接には不向きですが、ファイバー溶接は電極を必要としないため、非常にスムーズな溶接が可能です。
  • ファイバー溶接によるZAM鋼板溶接ビートの写真

    ZAM鋼板のファイバー溶接
    溶接による熱変色がない品質の高い溶接を実現しています。
    溶接の溶け込みが良くtig溶接と同等の強度を得ることが可能です。

ステンレス極小径のファイバー溶接の事例

ステンレス極小径ファイバー溶接の製品

SUS304 φ2で板厚0.5tのパイプをファイバー溶接してあります。

パイプを回転ポジショナーに固定をして、溶接条件を設定し溶け込みを考慮しながらの溶接になります。


ステンレス製の極薄板気密溶接ファイバー溶接の製品事例

ステンレス製の極薄板気密溶接事例

SUS304 0.8tの気密ファイバー溶接です。

TIG溶接より溶接局部を集中溶接が可能で製品への熱影響を最小限の抑えることができ、気密溶接も可能です。


ファイバーレーザー溶接ことならば是非とも当社にご相談ください

当社のファイバーレーザー溶接機は熟練した溶接のノウハを最大限いかせるハンディー仕様です。
非鉄金属のアルミ、真鍮が溶接可能です。ハンディー仕様ですのでロボットでは厳しい構造形状の溶接が可能です。
各種素材の極薄板の0.2tまで溶接が可能です。極薄板ファイバーレーザー溶接に対応しておりますので是非、ご相談ください。SUS304等は3tまでTIG溶接以上の溶け込み溶接が可能です。

ファイバーレーザー溶接のお見積ご依頼・お問い合わせフォームについて