メニュー

金属加工の品質管理と三次元測定機

三次元測定機とは

プローブと製品を点測定、もしくは線測定をして、得られた三次元の座標値を検出、点群データを合成して面要素や円要素、円要素を合成して円筒要素などを作ることもできます。円の内外径や、平面度、平行度、直角度、位置度などの幾何学公差を数値に検出し、検査書として提出が可能です。

3次元測定機には接触式と非接触式があります。


大畠製作所の三次元測定機による測定

当社では、測定を行う上で重要な温度とクリーン度の測定環境を維持するために恒温室にて温度管理しています。

また、切削加工機から製品をはずすことができないものは加工機まで3次元測定機を移動して測定する移動型の測定機を設備していま す。


3次元測定器の活用例

  • 三次元測定機:三次元の座標値を検出

    キーエス
    ハンディプロ-プ3次元測定機
    XM series
    移動可能3次測定機
    製品を金属機械加工に取付けままでも
    測定できます。
  • 三次元測定機で測定

    超高真空装置部品
    アルミ溶接製品
    真空状態での3次元測定
    製品の平坦度
    アルミ溶接フランジの直角度、平行度
    製作仕様条件の測定
  • 沙次元測定器と三次元測定室の完備(VR案内)

    東京精密
    3次元測定機 SVA 1015A
    金属機械加工機の横中ぐり盤での
    加工範囲は測定可能です

三次元測定器と測定室の案内

大畠製作所では、3次元測定器と、測定を行う上で重要な温度管理とクリーンな環境の3次元測定室を完備しております。 VRでご覧いただけます。